FC2ブログ

モスキート高周波音【着メロ・着信音】
高周波音のモスキート・不快音が、携帯電話の着信音として米英の若者の間で爆発的な人気。

スポンサードリンク

モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】全記事表示

最終更新日2009年05月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスキート 音

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

モスキート着信音とは?

モスキート着信音(もすきーとちゃくしんおん)
-サイエンス&テクノロジー -2006年12月9日

2006年のイグ・ノーベル賞を獲得した、イギリスのハワード・ステイプルトンの発明。「モスキート」とはもともと17キロヘルツのブザー音を鳴らす高周波雑音発生装置。この周波数の音は聴力が衰える20代後半以上にはほとんど聴こえないが、若年層には非常に不快なので街にたむろする若者を追い払うのに使われている。この技術を使えば、教師など年配者には聞こえないが若者には聞こえる携帯電話着信音ができるのではないかという逆転の発想が生んだ発明が「モスキート着信音」である。授業中に携帯電話に電話がかかってきても、若者には呼び出し音が聞こえるが教師には聞こえない。このためにアメリカではこのモスキート着信音を教室内で使う若者が増え、社会問題にも発展している。こうした新しい若者文化をつくったことが評価された。

出典『Yahoo!辞書』

モスキート 音

スポンサーサイト

| モスキート着信音とは | cm(0) | tb(0)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

モスキート高周波音 2006年イグノーベル賞受賞

受賞者 ハワード・ステイプルトン
(Howard Stapleton, ウェールズ、マーサー・ティドビル)

十代の若者には聞こえるが大人には聞こえない不快な高周波ノイズを発する電子式ティーンエイジャー撃退機を発明したことに対して。また同じ技術を、十代の学生には聞こえるが大人の教師には聞こえない携帯電話呼び出し音に応用したことに対して。
店にたむろする少年達に対し、「モスキート」と名づけられた機械を使うことで店内から追い払うことに成功したニュースが世界で報じられたが、この技術は若者によって授業中の電話に逆用されている。

モスキート 音

| ニュース | cm(1) | tb(0)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。