FC2ブログ

モスキート高周波音【着メロ・着信音】
高周波音のモスキート・不快音が、携帯電話の着信音として米英の若者の間で爆発的な人気。

スポンサードリンク

モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】全記事表示

最終更新日2009年05月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスキート 音

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

モスキート着信音とは?

モスキート着信音(もすきーとちゃくしんおん)
-サイエンス&テクノロジー -2006年12月9日

2006年のイグ・ノーベル賞を獲得した、イギリスのハワード・ステイプルトンの発明。「モスキート」とはもともと17キロヘルツのブザー音を鳴らす高周波雑音発生装置。この周波数の音は聴力が衰える20代後半以上にはほとんど聴こえないが、若年層には非常に不快なので街にたむろする若者を追い払うのに使われている。この技術を使えば、教師など年配者には聞こえないが若者には聞こえる携帯電話着信音ができるのではないかという逆転の発想が生んだ発明が「モスキート着信音」である。授業中に携帯電話に電話がかかってきても、若者には呼び出し音が聞こえるが教師には聞こえない。このためにアメリカではこのモスキート着信音を教室内で使う若者が増え、社会問題にも発展している。こうした新しい若者文化をつくったことが評価された。

出典『Yahoo!辞書』

モスキート 音

スポンサーサイト

| モスキート着信音とは | cm(0) | tb(0)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

モスキートとは?

モスキート (音響機器)

モスキート とは、米国で開発された、超高周波を使った音響機器。

某企業の商品名ではあるが、同様のアイデアを利用した商品は、「モスキート」と称されることが多い。


若者除け装置
英国の会社が「モスキート」の商品名で、セキュリティーシステムとして2005年から地元商店などに販売。小型スピーカーから17キロヘルツという、非常に高周波数のブザー音が流れる。

高周波数の音は、年齢とともに徐々に聞きにくくなるため、おおむね20代後半以降の大人には、まったく聞こえないか、若しくはほとんど気にならない。しかし、10代の若者にはかなり耳障りである。

応用例
以下のような一例について、効果的に防げる…というのが、モスキート開発者の触れ込みである。

・店内に長く居座っている若者客を、店から追い出せる。
(ファミリーレストラン・ファーストフード店・書店…など)
・店頭や駐車場などでの迷惑行為をする若者を、排除できる。
(スーパー・パチンコ店・パーキングエリア・公園…など)
・万引きをする若者に対して、牽制することができる。
(デパート・スーパー・書店など)

既存の例
過去の一例として、年配向けの「演歌やロカビリー」を流すことで、毎日スーパーの駐車場にたむろしていた暴走族を、短期間で一掃できたという。暴走族らは、店がなぜ「演歌やロカビリー」を流したのか、まったく理解してはいない。自分たちの雰囲気に合っていないので、そこから立ち去ったにすぎない。

モスキートを利用することで、「店のムード」を音楽により壊すことなく、店に相応しくない年齢層を排除することができる。

携帯の着信音
もともと、店頭にたむろする若者を追い払うため開発された「モスキート」だが、大人には聞こえにくい高周波数の「不快音」が、 携帯電話の着信音として米英の若者の間で、急速に広まりつつある。

モスキートの販売後しばらくして、「超高周波の音声ファイル」を携帯電話にダウンロードできるソフトが開発され、ブームに火がついた。ネット上に「モスキート着信音」の販売サイトも登場している。

電話の着信音の場合、多少の不快音であった方が、着信に気付きやすく都合が良いのである。これは、固定電話のベルや、救急車・パトカーの音、赤ん坊の泣き声…などにも共通する。

モスキート着信音は、大人に聞こえないのをいいことに、授業中の携帯使用が増えないか、教師らを心配させているらしい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モスキート 音

| モスキート着信音とは | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。