FC2ブログ

モスキート高周波音【着メロ・着信音】
高周波音のモスキート・不快音が、携帯電話の着信音として米英の若者の間で爆発的な人気。

スポンサードリンク

モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】全記事表示

最終更新日2009年05月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスキート 音

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

聴覚

音は聴覚を通じて知覚される。人間や多くの動物は音を聴くのに耳を使う。ただし、低い周波数の大きな音は体の他の部分を通じて触覚により振動として知覚される。 音は会話や音楽などいろいろな形態で利用される。また、空間構造や他の動物・物の存在などの周囲の状況を把握するためにも用いられる。 例えば、コウモリは反響定位を、船舶や潜水艦はソナーを用い、人間は音の聞え方で空間の情報を得る。

人間が知覚できる音の周波数(可聴域)は20 Hz から 20 kHz までである。ただしこれは年齢・性別・過去に受けた聴覚障害などによってばらつきがある。 大多数の人は10代には既に 20,000 Hz を知覚できず、年齢が上がるにしたがって高い周波数を聴く能力が衰える。 人間の会話のほとんどは 200-8,000 Hz の間で行われ、人間の耳は 1000-3,500 Hz で最も感度が高い。 聴覚の限界より周波数が高い音は超音波、低い音は低周波音と呼ばれる。

#音圧および#音圧レベルの節で後述するとおり、音の大きさはその圧力または常用対数を用いたデシベル値で表される。 人間が聴くことのできる最も小さな音はおよそ 20 µPa (音圧レベル 0 dB re 20 µPa)である。 音圧レベルが 85 dB を越える音を長期間聴きつづけると、耳鳴りや難聴などの聴覚障害を引き起こすことがある。 130 dB では人間の聴覚が安全に耐えうる限界を越え、重篤な痛みや永続的障害の原因となりうる。

人間の聴覚システムの特性は心理音響とよばれ、MP3などの音声データ圧縮技術に利用されている。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モスキート 音

スポンサーサイト

| 聴覚 | cm(0) | tb(0)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。