FC2ブログ

モスキート高周波音【着メロ・着信音】
高周波音のモスキート・不快音が、携帯電話の着信音として米英の若者の間で爆発的な人気。

スポンサードリンク

モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】全記事表示

最終更新日2009年05月05日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モスキート 音

| スポンサー広告 | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

足立区がモスキート音で不良撃退実験導入

東京都足立区が今月中旬から、一部公園に「モスキート音」と呼ばれる不快な高周波音を流し、たむろして破壊行為などを繰り返す若者らを「退散」させる実験を始める。同区では、公園内の施設が若者らに壊される被害は、昨年1年間で総額約300万円にも達した。若者の暴挙を食い止め、小さな子供たちにも安全な公園を取り戻すため、自治体としては異例の“新作戦”導入に踏み切った。

使われるのは、英国製の「モスキートMK4」という高周波音発生装置。同区公園管理課によると、5月中旬から来年3月までの予定で「区立北鹿浜公園」(面積約2ヘクタール)内の広場に1台、試験設置し、深夜~明け方まで作動させる予定だ。この広場近くにあるトイレや管理棟などの施設は最近数年、年間十数回程度の頻度で、深夜以降たむろする若者らに窓などを破壊される被害に遭ってきた。

修理しても、夜間パトロール隊が注意しても、すぐ壊され、有効な対応策がない状態が続いていた。防犯カメラには、10代くらいにみえる若者らの「犯行」が何度も映っており、同公園だけで昨年約70万円の被害額に達した。そうした中、区では、国内で同装置を販売しているメルク(東京都千代田区)から1台レンタルし、試験設置することを決めた。同課では「いくらパトロールで注意を呼び掛けても破壊行為が続く。どうしようもない面もあり、モスキートの設置を試みることにした」と説明した。

メルクによると、この装置の前方約60度、30~40メートル先の範囲にたむろする若者らを退散させる効果があるという。同社では「英国の例だと、作動後早くて2~3分、遅くて10~15分程度で若者を排除できる。実験を含め、公共機関が借りたり購入するのは初めて」としている。公園管理課では、近隣住民の声も聞きつつ慎重に実験する方針。効果次第では、ほかの公園を含めた本格導入も検討する。

スポンサードリンク

モスキート 音

スポンサーサイト

| ニュース | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

モスキート高周波音(PC)



http://saunderslog.com/2006/06/12/the-mosquito-ring-tone-this-adult-can-hear-it/

海外サイトですが、こちらにmp3でモスキート音が置いてあります。

やりかた
・左下くらいに「mosquito」部分にmp3で置いてあります。

モスキート 音

| モスキート高周波音(PC) | cm(1) | tb(0)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

モスキートとは?

モスキート (音響機器)

モスキート とは、米国で開発された、超高周波を使った音響機器。

某企業の商品名ではあるが、同様のアイデアを利用した商品は、「モスキート」と称されることが多い。


若者除け装置
英国の会社が「モスキート」の商品名で、セキュリティーシステムとして2005年から地元商店などに販売。小型スピーカーから17キロヘルツという、非常に高周波数のブザー音が流れる。

高周波数の音は、年齢とともに徐々に聞きにくくなるため、おおむね20代後半以降の大人には、まったく聞こえないか、若しくはほとんど気にならない。しかし、10代の若者にはかなり耳障りである。

応用例
以下のような一例について、効果的に防げる…というのが、モスキート開発者の触れ込みである。

・店内に長く居座っている若者客を、店から追い出せる。
(ファミリーレストラン・ファーストフード店・書店…など)
・店頭や駐車場などでの迷惑行為をする若者を、排除できる。
(スーパー・パチンコ店・パーキングエリア・公園…など)
・万引きをする若者に対して、牽制することができる。
(デパート・スーパー・書店など)

既存の例
過去の一例として、年配向けの「演歌やロカビリー」を流すことで、毎日スーパーの駐車場にたむろしていた暴走族を、短期間で一掃できたという。暴走族らは、店がなぜ「演歌やロカビリー」を流したのか、まったく理解してはいない。自分たちの雰囲気に合っていないので、そこから立ち去ったにすぎない。

モスキートを利用することで、「店のムード」を音楽により壊すことなく、店に相応しくない年齢層を排除することができる。

携帯の着信音
もともと、店頭にたむろする若者を追い払うため開発された「モスキート」だが、大人には聞こえにくい高周波数の「不快音」が、 携帯電話の着信音として米英の若者の間で、急速に広まりつつある。

モスキートの販売後しばらくして、「超高周波の音声ファイル」を携帯電話にダウンロードできるソフトが開発され、ブームに火がついた。ネット上に「モスキート着信音」の販売サイトも登場している。

電話の着信音の場合、多少の不快音であった方が、着信に気付きやすく都合が良いのである。これは、固定電話のベルや、救急車・パトカーの音、赤ん坊の泣き声…などにも共通する。

モスキート着信音は、大人に聞こえないのをいいことに、授業中の携帯使用が増えないか、教師らを心配させているらしい。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

モスキート 音

| モスキート着信音とは | コメント(-) | トラックバック(-)
モスキート 高周波 音【着メロ・着信音】TOP↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。